読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいさつはたいせつ

○フランスの礼儀作法

日本でフランス語を勉強してる際に口を酸っぱくして言われたのは、「フランスでお店に入るときは必ず挨拶してね」という旨。そうじゃないと客扱いはしてもらえないよ。なんていわれても、想像できないものは知識として置いておくしかない。空港くるまで完全に話のネタとして使ってた。

で、

いざフランスに来てみるとまあその通り。

こちとら日本人だからと突っぱねて挨拶しないと雰囲気がいっぺん。特に個人商店になればなるほど、挨拶なしでお店に入ろうものなら「やだこのひとこわいなに」視線をビンビンにかんじました。そんなに肝っ玉も強くないので早々にカルチャーを改めることにしました。

○先制攻撃

フランスでお客さんでいたければ、常に先制攻撃をすることを求められます。あそこは共和国ではなく戦場なのです。やられなければやられる。血で血を洗う国。それがフランスです。

みなさん日本でバイトの経験あります?そこでの事前研修でまず一番最初に習うのは「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」with 笑顔だったはずです。また客の立場でお店に入る時しかり。深夜眉毛も書かずにコンビニに行った時なんて「ポイントカードないです」以外の言葉を発さずにお店を後にすることだってよくあります。

ところがフランス。

挨拶の第一声は客からが基本。まあそれでもお店の人だからテンション高めにボンジューしてくれるけど、先制攻撃するしないにより対応に明らかな差がある。先ほど個人店ほどその傾向が強いといったけれど、大きなスーパーのレジのおばちゃんだって油断してはいけない。こちらは常に先制攻撃を求められるのです。前のお客さんの会計が終わって別れ際の挨拶が終わったのを見計らって「ぼんじゅー」。ちょっとでもタイミングがずれたり照れを見せて、相手に聞き取ってもらえないと一巻の終わりです。

常に戦場であることを意識しなければなりません。

もちろん会計が済んだとしても気を抜いてはいけません。去り際、自分の会計が終わってから、レジの人の意識が次に行く前に「おーゔぁー」を言わなければなりません。もちろんセルフ袋詰めです。周囲への意識の配り方がキモです。これを言語のわからないままにどうにかするのはかなりきついのです。後ろの人からの「早くどけよ」の視線か、店員さんからの「挨拶もできないのか」の視線。このどちらかは確実に被弾するので覚悟を決めていきましょう。

それと、何をやってもらうにしたって無言でいるわけにはいきません。語尾には「しるぶぷれ」をつけましょう。商品名を読むのに必死になって忘れた結果、いつまでも放置された挙句「まだ出してなかったっけ」とされることもあります。

○お店と客の関係

世界中どこをみても道楽として働いている人の人数はそう多くないと思います。日本とフランス、どちらもそんなに働きたくないとしても、どうしてこうも接客態度に差が出るのか。思うところがあるのは客に対しての考え方の違いです。

日本で少しでも働くとよく目にするのは「お客様は神様です」の文言。つまりお客様のおかげで商売が成り立っているのだから、できるかぎりサービスの質を高めよう。という心持ちで働いているのだとおもいます。お店はお客さんのためにしつらえた場所だからそこにやって来てくれたお客さんに対してようこそおいでくださいました。となる。

一方でフランスは「客のために働いてる」印象が強いです。お客がくるから働いてやってる。求められているからサービスを提供する。だから必要ない愛想はばら撒く必要がない。だから挨拶しない。そう考えると結構合理的!あくまで客は自分の家にやって来た人だから、客人が「ごめんください」というのが自然だろう。という予測です。そういえば「お店のカード」も"la carte chez nous"っていうし

 

それでもフランス人は基本的にはとてもフレンドリーなので、人と人の血の通ったコミュニケーションをとった時は笑顔を振りまいてくれます。だから日本以上に「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」が大事なのだろうなと思います。去り際にちゃんとありがとうというと、さっきまで仏頂面でレジ打ってたおねえさんも可愛く微笑んでくれます。日本のように相手に不快な思いをさせないように全力注いでる結果全員が一律の対応をする接客もいいですが、あくまで人が働いてることを感じさせるフランスの接客もそう悪くないような気がして来ました。

 

ちなみにこの客先制挨拶の文化は、ーロッパで広く使われているものらしいです。イギリスで困った話はどこかで。

 

全然関係ないですが、マルシェの球根野菜やさん

f:id:porinkle333:20170508084712j:plain

 

 

○あいさつのバリエーション

挨拶関連でもう一つ。挨拶の文言と時間がかなりダイレクトに関係しているの驚いた。

英語でも日本語でも会った時の挨拶なんかは

朝:Good morning

昼間:good afternoon

夜:good evening

まとめて: Hi

なんて教科書で習いました。この辺はまだわかる。

単語帳なんかだと去り際は「オーヴァー/Au revoir」もしくは「あびえんと/A bientot」で統一されているきがするんですが実際そんなことなかった.

例えばクラスの終わり。

週一の授業の教授に挨拶する場合:A demain(また明日)

明日も会う教授の場合:A la semaine prochaine(また来週)

火曜日に会う場合:Au mardi prochain(また火曜日)

ここまでもまだいい。

週末を挟む場合:Bon week-end (良い週末を)

休暇を挟む場合:Bonnes vacances!

午前中の授業終わり:Bon apres-midi

これが特に会うシチュエーションが決まってないとさらに複雑。

共同キッチンで会った友人がご飯を作って部屋に帰る時(別れ際): Bon apetite

夜共同キッチンで会った友達がお皿洗って部屋に帰る時(別れ際):Bon soiree

いくらあっても語彙が足りません。何が正しいのかもよくわからない。現在の時間と相手の次の行動、そして相手と次回いつ会うのかというのを意識した挨拶なんてしたことないから。しかも大抵このうち複数を組み合わせてくるから厄介で、いつも「あっ」だの「うっ」だのなって途方にくれてます。別れ際だと待ってくれないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○しばらくぶりです

忙しさにかまけて下書きばかりがたまってるので、もうすこししたら春のドンドン市を開催しなければならないですね。

お品書きとしては

旅行記(イースター、城)

オランダ人と生活苦のはなし

日の長さのはなし

言語がふえることの弊害

授業風景

 

レッテルを貼るはなし

らくごのはなし

ヨーロッパパン祭り

ひとのつくったごはんのはなし

お化粧のはなし

お店ご挨拶問題のはなし

キャリアフォーラムにあたってのはなし

マルシェのはなし

の、何本かです。うふふふふ。 

エゲレスとおらんでぇ(準備と出発)

○どうしてこんなに休むのか

フランスの大学はよく休む。イースター休暇だ冬休みだなんだとよく休む。1学期間学校に行く時間は4ヶ月中13週間。特に語学学校は一般の授業よりも1週短いし始まるのも遅い。何しに来たんだと周りにどやされてますがどうしたもんかと思ってます。休んだってところで貴重な留学期間であることには変わりないもんで、小旅行に行くことにしました。

 

○どこいこう

私生まれも育ちも島国でして、物心ついたころにはさらに田舎に住んでたもんですから土日の小旅行といっても隣県まで行くのがやっとでした。しかしここはヨーロッパ。隣の県に行く感覚で外国にいくんです。日本でもよく使ってた深夜バスだけ調べたって、よりどりみどり。ついたらベルギーなんてこともあるんですな。すごい。いろいろ話を聞いておもしろそうなところをピックアップして行く。

休みの期間は2週間で、結局旅程は以下の通り。

4月9日(日) レンヌ→BUS(Flix)→パリ(Gare de Nord)→(ユーロスター)→ロンドン

4月17日(日)ロンドン(Luthon)→LCC(Vueling)→アムステルダム

4月21日(土)アムステルダム→BUS(Eurolines)→レンヌ

 

我ながらなかなか悠長な旅行だなあと思います。

 

○ロンドン高い

噂には聞いてましたが確かに交通費は安い。ユーロラインズなんて30ユーロでアムステルダム→レンヌ間を連れてってくれる。13時間かかるけど。LCCだって荷物なしなら40ユーロで飛んでくれる。日本なら仙台→秋田間のバスのお値段。すごいご時世。

でもそれはヨーロッパが地続きであるからであって、飛び地もしくはヨーロッパにおける外国・イギリスに限ってはそうではない。ドーバー海峡にはなにがあるんだろうか。

ロンドン=パリ間を結ぶ新幹線ユーロスターは、時期と時間によっては50ユーロ前後でいけたりするけどそれは事前に予約した場合の話。100ユーロ以上は見ておいた方がいい。

そして宿賃。今回は所用で個室を抑えたけれど、8泊で400€。1泊50€。普段泊まってるドミトリーから比較したらとんでもない贅沢。ちなみにアムステルダムは4泊で130€。これもなかなか高いけどこれは時期的な問題。

こんなお財布に優しくないロンドンにはちぱくもしようってんだから、economiser精神のかけらもない。

 

○出発トラブル

おなじみのバックパックにやたらと重たい荷物を詰めて、悠長に出かけるつもりがしょっぱなから寝坊しました。とんでもない寝坊。バスが出発する20分前に起床。それでもレンヌのメトロは優秀ですから運が良ければ間に合う時間なんです。取るもの取っていっそいでメトロまで走りました。

 

あれ…?メトロしまってる…!

 

今日は日曜日。普段は朝5時から起きてるメトロも日曜日は8時から。現在6時45分。バス出発は7時。どんな理由でメトロが動かなかろうか、バスは待ってくれません。ということはパリ着も遅れます。さようなら私の格安の旅。そこから急いでチケットを取り直しました。ホテル代云々言ってる場合じゃなかった。この出費がなければ・・・!更にパリではマラソン大会なんてやってたみたいで、バスが渋滞でうごかない。ユーロスターに乗る前にげっそり疲れた。

 

○それでもユーロラインに乗りたい

世の中鉄成分の多い方も多いですが、私は海峡電車にロマンを感じるタイプです。鉄道っていうとどうも陸地を一生懸命走るイメージですが、尋常じゃない努力の末に通したトンネルを通るっていうのはいいじゃないですか。このトンネルの外にはお魚が泳いでるだなっておもうと胸が高まります。

ユーロラインの出発駅はパリの北駅

f:id:porinkle333:20170509082414j:plain

電車だけど国境を超えるからパスポートチェックと出国カードと荷物検査。重量規定なんかはないけど結構物々しい。やはり島国。 しかしここはおもしろい。フランスなのに英語が綺麗に通じる。窓口で何語を喋っていいのかよくわからなくてプチパニックを起こす。

そこに手荷物検査のいかついおじさんが私を呼び止める。(英語)

私「なんでしょうか」

おじさん「(顔を指差して)あ。日本人でしょ!」

私「そうだよー」

おじさん「僕日本好きなの!沖縄行ってたから日本語わかるよ!僕はnoumisokinnikuでしょ?」

私「どこで覚えたのwww」

おじさん「他にもあるよ!(相方のケツを叩きながら)I-Oshiri」(以下略)

その後もおじさんはどこで覚えたんだかわからない素敵な日本語をフランス語交じりに披露してくれました。たまにゲートに引っかかるお客さんを仏頂面にあしらいながら。この間私の荷物はセキュリティレーンに引っかかったままなので、荷物を取りに行きたいやらおじさんの日本語ショーをみたいやらで始終苦笑いでした。

 

チケットに書かれたユーロラインの時間は3時間。地図上でみるとずいぶん近いなと思ってたらやぱり近いんじゃないか。とおもったら時差があった。どおりで帰りは遠いわけだ。

 

すやっとしてたらいつのまにかトンネル入って抜けて、ロンドンについてました。海中を通るのにこの素っ気なさが海中トンネルの魅力。

 

<本日の移動>

f:id:porinkle333:20170509084425j:plain

 (続く)

 

 

アナと紙の攻防

○紙のエトセトラ

みなさん紙は好きですか?わたしは好きです。

ゆーろぷにきた最初の印象は、「うわ。紙高い&チープ!」特にフランスは、人と機械で加工したもの、工業製品の値段が異様に高い気がします。残念なサランラップしかり、ペラペランなノートしかり。百円均一に慣らされた我々には逆価格破壊。そういえばmoleskinの横にツバメノートが置いてあった。価格は日本の2倍程度。やはり高い。

しかしこの間お呼ばれした友人宅は、食事の準備のときに黄色と黄緑のペーパーナプキンをオシャレに各々のばしょに並べていた。お皿の下に敷いたり、口を拭ったり。ということは紙それ自体はそんなに重宝されているものでもないのかもしれない。

日本にいた時なんか、ペーパーナプキンなんておレストランに行った時に膝から落っことす用に乗っけてたぐらいのもんで、お家のご飯でペーパーナプキンを出すっていうのがもう目からウロコだった。私だけかしら。ぐっとQOLが上がる感じがするから私もやろうかしら。

しかしどうだろう。学校のコピー用紙、学校からもらう書類、全て上等な紙を使ってらっしゃる。なんか厚い。こんなにいい紙じゃなくていいのに・・・とおもったけれど、もしかしたら薄くて丈夫なコピー用紙っていうのは、まだあまり流通していないのかもしれない。厚さis丈夫さ。

ちなみにコンビニのような便利システムは存在せず、コピーはそんなにすぐにできるものではなさそう。家周辺は学生街なこともあり、"photocopy"と書かれた印刷屋さんがあるので、学校の中でなければそれを使うことになる。1枚0.25ユーロだったかな?

ちなみに、旧市街地のショッピングストリートには、レンヌのデザイナーがデザインした紙製品屋さんがある。やはり生活に華を添えるのに紙は使うみたいだ。(www.agentpaper.fr)とても可愛いので是非。

 

 

○あなあきもんだい

授業もはじまり、そろそろプリントがたまってきました。

クリアファイル派、クリアポケット派、ノートに直挟み派、端から食べて行く派、色々あると思いますが、私は穴あけパンチ&リングファイル派。

 

フランスのファイルは基本的には4つ穴がスタンダードらしいです。ちらほら2つ穴のるーずりーふも見かけましたが、ファイルは4つ穴しかなかった。

そして、日本から訝しげに持ってきた穴あけパンチはこんなもの

(写真)

f:id:porinkle333:20170202065616p:plain

しばらく試行錯誤して、どうやっても使えないのかと悲しんでいたらこんなメモリを発見。

 

A4 4穴

f:id:porinkle333:20170202065937p:plain

半分に折って、2枚になってるところからカシャンとやると、ちょうどいい塩梅の穴が開く。やっぱり偉いな日本製品。使わないだろう4つ穴にまで対応しちゃってさ!長年使ってるけどこんなスケールがあったのすら知らなかったよ!ほんとに。

というわけで、実験のために買ったリングファイル(4ユーロちょい)とちぎって提出する用のロディアノートパット(3ユーロちょい)で頑張って勉強します。高いなぁ。

 

 

ファースト1週間

○授業がはじまった

予想以上のロングラン休みのせいで、いったい何のためにここにいるのかわからなくなってきた矢先、授業がはじまりました。レンヌに入ったのが8日なので、およそ3週間、特に勉強しようという気概もなくのんべんだらりと生きてきた身には、10時30分登校は堪える。

初っ端から先生が来なかったり、さっきまでキレキレに話してたお兄さんが疑問文のつくりかたに四苦八苦してたり、とても不思議な光景ばかりでした。なんで文法わかってないのに喋れるんだ。まあ、日本語ならまだ話はわかるけど、君ら母国語スペイン語だろう・・・?どういうことなんだ。

配属になったクラスがすでにカバーしている内容ばかりだったので、現在クラス上げのネゴシエーション中。週に4時間ある文法の授業を4ヶ月復習にあてるのはやや忍びない。が、リスニングとオーラルのことを考えるとなかなかこれでもいい気がするけど•・•。うーん、悩む。

一応、1週間のアジャスト期間があるらしいのだけど、話を聞く限りそれが機能しているわけではなさそう。まあそこもふらんす。

 

○授業の編成

授業は基本的にクラス別で、レベル(niveau)ごとに6段階(A1〜C2)までに分かれる。ちなみに私はA2。うまくネゴシエーションがうまいこといったらB1。

クラスが上になればなるほど、基本の文法以外のことの授業が増えて行く。らしい。

1組10人強の少数人数で、科目によって先生が変わる。

・Etude de la langue (writing,grammer)

・De la comprehension orale a ecrire (おそらくディクテーション、初回キャンセル)

・Expression d'orale (スピーキング)

Civilization(フランスのことについて学ぶ、初回は地理)

(以下未知の授業)

・de la comprehention ecrire a l'exp. Orale

・Labo

 

これで、9コマ×2時間=18時間/週

某山の中大学の15単位(3単位×5)ぶん 2.5×5=12.5時間/ あれ、いそがしい…?

 

 

 

 

 

 

異文化コミュニケーション

◎パリ再び

日本からくる友人と、同時期に留学して来た友人に会いにパリ再び。なんどきてもメトロは覚えられないけれど、soldeの時期もあいまってとんでもない人混みに流されてそこかしこを歩く歩く。早くもレンヌに帰りたくなったよ。

 

◎ホステル

Fiap jean Monette というホテルに泊まりました。宿泊費をなるだけケチりたい派なので、基本的にホステル泊なのだけど、ここは本当に綺麗。二段ベッドが堅牢な作りで寝返り打っても揺れない。6人部屋にトイレ2つ、シャワーブース2つ。朝食無料。ベッドにはそれぞれ照明とUSB電源という、ホステルにありがちな二大問題を一気に解決するユニットが完備。これで一泊約20€だからほんともうありがたい。あとめっちゃきれい。

 

が、同室の人間に難があった。

先に言っておくが、私は寝るときいびきをかく。ちょっと恥ずかしいので治したいとは思っているけれど自覚症状がないせいで必要に迫られず、ずっと持て余している状態だ。

それを踏まえて、

 

◎vsロシア人

基本ホステルなんてのは知らない人の相部屋なわけだから、なるだけ部屋の人間の快適最大公約数を求めるべきものだと考えていた。一宿のルーミーになるだけ迷惑をかけないで己の快適さは己で確保すべきだと考えてきた。もちろんいびきは他人の害になりうるので、できる範囲の対策をとるべきなのは自明だと、おもっていた。

 

ロシアから来たその女は、開口一番『電気つけないで』といった。全く意味がわからない。部屋には誰かが寝てる様子もなく、真っ暗な部屋に女が一人。おばけかよ。

『わたし光に敏感で、ここの電気が強すぎるの。だから電気消して』

まあそんなこともあるだろう。白人目の色素薄いらしいし。わたしは指示に従った。今思えばこれが間違いだった。その後ロシア女はバスルームから漏れる光や個人用のライトにも文句をつけ出す。なんなんだこいつ。

レンヌからの移動と冷えから疲れ切ったわたしはベッドにはいるとすぐに意識がすっとんだ。あたたかいお布団最高。とおもってたら、誰かに叩かれる。ロシア人だ。『いびきかいてるでしょ?やめてくれない?』

『わたしじゃないんだけど』寝ぼけた私はそう答えた。嘘ですごめん。

でもいびきの止め方なんて知らない。イコール寝るなってことなのだろうか。それは無理な話だだってここ私のベッドだし眠いし…と思ってたら再び起こされる『うるさくて寝れないっていってるでしょ。端っこで寝てくれない?』

この人いびきがコントロール出来るものかどうか知らないのかな?さっきまで若干感じていた罪悪感が一気に怒りにかわった。止めれるもんなら随分前から止めてるわ。なんでお前に気を使い続けなければならないんだ。だいたい私が使ってるのは部屋の端のベットだ。ここからさらに端によれというのか。お前は部屋の真ん中にわざわざ移動して来てるというのに。

その後、ロシアからの直接攻撃及び静かにしろ攻撃は止むことなく、浅い眠りのままなんとなく気持ち悪く朝を迎えました。友人は一睡もできなかったそうな。そいつの声の方がよっぽどうるさかったけど、申し訳ねえ。

ベッドの脇に光と音を防げるであろうアイマスクもヘッドホンもあるのに使った形跡はなさそうで、人にうるさいと指摘する割にはドアの開け閉めもやかましくて、寒い寒いと言いながら薄着だし、眩しいから電気を消せという割にスマホガン見してるし、なんなんですかね、埋まればいいのに。

 

ちなみに同様の攻撃は翌夜も続きましたが、ガン無視を決め込むことで難を逃れました。何度か来た気がするけど、知らないや。

偶然火災報知器が鳴って、逃げなくてはならない時も『なんでみんな私を寝かせてくれないの?』とゴネてたからそのままローストされれば良いのにと思ったのは内緒。

 

何が言いたいかというと、自分は努力せず他人をどうにかして自分の快適さを求めるタイプの人にはあんまりホステルタイプは向いてないから諦めてシングル取りなよって話でした。

 

 

いびき、治んないかなぁ

 

持って来ればよかったな(留学3週間ver.)

素晴らしい想像力があったとしても、本当に必要なものは現地に行ってみないとわからないものです。

こと本学に限っては公共交通機関に乗って30分以内の場所に

・お家関連のお店(IKEA,EURODIF)

・巨大なモール

・スーパー(Carrfour)

・衣料品店

・電気屋

なんかが揃ってるので、意外と手に入らなくて困るものはない。

時期にもよるけれど特に1月着の場合はSolde(国が定めたセール期間)ともろかぶるので、いろんなものが揃えやすい。荷物の量とお金の兼ね合いで決めて来ればいいと思う。

 

それでもこっちでどうしても手に入らないものは出てきた。

やっぱり人間便利を知ってしまうと戻れないものですえ。

タイミング良くパリに旅行に来る友達に買ってきてくれと懇願したリストがこちらです。

 

【掃除用具】

○排水口シール

→じつはわたし、ここにくるまでバスタブのないユニットバスって知らなかった。

地続きのトイレとシャワースペースに悩んだ夜もあった(初日)

踏ん張ってる途中に落ちてくる水滴に泣きぬれた日もあった(2日目)

予想以上に溜まる埃が水に濡れて、なんか汚なくなる床に悩まされたこともあった。

悩みも尽きないユニットバス改めシャワーユニット。

実はいいこともあって、シャワー一つで床のお掃除が簡単にできてしまう。

元来掃除嫌いな私が、この手軽さに取り憑かれてほぼ毎日水回りを掃除しているから驚きだ。

しかしここはフランス。そう一筋縄ではいかない。

このユニットに一つしか付いていない排水口のカバー、コレの取り外しができないのだ。髪の毛、埃、得体の知れない枝。これが非常に取りづらい。

ああこんなときに、こんなときに、日本なら100円で買えるあいつがあればいいのに…!

(写真)

 

正直日本の排水口のようにひらべったくないから、本当に使えるのかはわからない。

が、多分無いよりは随分楽になるだろうなぁ。

 

【肌につけるもの】

○防寒具

これは足りないわけじゃないのだけど、現地で買おうとすると多分買いに行くまでに風邪をひく。家の中は暖かいから寒暖差でやられる人はもっとひどい。かさばらないからユニクロにダッシュしてウルトラライトダウンを荷物に入れておいて損はない。コートの下に着れるやつならなおよし。モンサンミッシェルに持って行きたかった

 

○保湿剤

ニベアとかの類。

湿度の国ニポンからやってきた私の肌がサハラ砂漠のようになりかけてる。

ちょっと良い目の洗顔フォームで洗顔

日本:30分ぐらい放置しても余裕

フランス:ものの1分で砂漠化が始まる

水質が違うというのも大きいんでしょうが、とにかく乾燥がひどい。

2段階ぐらいあげて持ってくるとちょうどいいのでは。なくなる頃には買うのに困らないぐらいフランス語も読めるようになるでしょう。

 

○ヘアオイル

まだ見つけられていないもう一つの保湿剤。

肌ほどは影響がないけれども、なかなかぱさついてきたので、ドライヤーの前につけるタイプのオイルを探しているんだけどいまだみつからず。

 

【食べ物】

○みりん

アジアンストアまで行けばあるけどクソ高いから、和食が恋しくなる可能性のある人は持っててもいいかもしれない。もしくは何かのついでに送ってもらうか。

醤油やラーメンなんかは意外とすぐ見つかる。中華のものもなかなか揃ってるので、そっちで代用できる人はそれでもOK

フランスお肉安いから、角煮でも作ろうかしらの矢先に欲しくなった。ちなみにこれはお願いしていない。

 

【文房具】

○ホッチキスの芯

完全に忘れていた。こっちは微妙にサイズがでかい。

むかし持ってたチケット切るやつみたいなホチキスがこっちでは主流らしい

*写真

そんなに使うものでもないけど、あると便利。それがホチキス。

特に書類がいっぱいで整理したい。それが学期初め。

私のように持ってきたホチキスの残弾が3とか、そういうことがないようにしていただきたい。

 

 

こういうのの代用品を考えるのもたのしいけれど、どれもそこまでかさばるものでもないからスーツケースの片隅にでも入れておくとQOLがダダ上がりする(みりん除く)