読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まってます②

○届くかな?

そもそもここの寮の、荷物受け取りシステムはこんなかんじだったはず

宅配業者→寮のオフィス→オフィスからの不在通知inポスト→受取

これが、昨今のテロの煽りをうけて、こんなかんじに変更されたらしい

宅配業者→寮のオフィス→電話→(不在なら)直近の郵便局へ取りに行く

 

しかしChronopostを使用した場合、彼らは荷物を自分たちの集積所にもって返ってしまうらしい(空港付近。とっても遠い。)

 

つまり、不在時の受取方法は

宅配業者がやってくるのを待ち構える→捕獲

以外にはないということらしい。日中仕事してたらどうするつもりなんだ!

 

○傾向と対策

結局どうしたかというと、オフィスの前で待つ、これにつきる。

昨日は考えが足りず、自分の寮の階段で待ちぼうけをしていたのだ。それにしたってくるのが早すぎたと思うんだけど。

とにかく同じ轍は踏みたくない。奇異の目に晒されながらオフィスのソファーで待つ。

もちろん昨日と同じようにはしない。

まず、再配達のフォームのその他の箇所に書いた。

Telephonez a moi quand vous arrivez devant le batiment svp

(建物の前ついたら電話してけれ)

そして万一建物に直接来た場合にも備えて、同じ文言をポストと部屋の前に貼り付ける。

高度セキュリティが叫ばれる時代によくもこんなにダダ漏らしたもんだ。

 

○ 邂逅

まつこと1時間。電話したり本読んだりしてたら窓の外に大きめのトラックが!

あれかな!あれかな!

止まっておもむろに電話を取り出す運ちゃん、鳴り出す私の携帯

運ちゃん「Bonjour(以下聞き取れず」

おで「すぐいきます!(日本語)」

窓叩いたら流石にビビられた。だろうね!

 

受取には身分証が必要らしいので、パスポートを提示したらすぐにわたしてくれた。

ありがとうお兄さん!ありがとうChronopost!丁寧に仕事しろ!

 

○結論

・荷物の追跡ができるだけでも儲けもんChronopostは使える

・しかし、荷物到着予定時刻の1時間だけは拘束されるから注意されたし

・手早く済ませるには、どこかに電話しろって書いておこう

・ここはフランスだ。過度な期待はやめよう

・おかあさんありがとう。栗鹿の子は超大事にたべるよ

 

いずれまた使うことがあるだろうから、こんどはスムーズになんとかしたい。