読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CIREFEのテスト

この時間にきてねーと言われたので9時少し前にオフィスにいくと、長蛇の列。

予想はしていたけど、受付にえらい時間がかかっているようだった。

 

おで「すんません、この時間に来いって言われたから来たんですけど」

おばちゃん「なんか用紙もってないの?」

私「いや、もってないっす」

おばちゃん「えーなんでよ!記入してもってこないとだめなのよ」

私「でもテストうけねばだから…」

 

ここで多少たらい回しにされて、パスポートを見せてようやくテストを受けれることになりました。もうしょうがないんだ。全員が把握しているとか、事前ミーティングがあるとか、そういうwell-organizedを期待してはいけないんだ…

 

なんとか教室に座って、やってきた楽しそうなおばちゃんが用紙を配る。

この人のフランス語が一番わかりやすかった。英語はしゃべれないの…と言われたけど、それでもよくわかったよ!ありがとう!よくきいたらCIREFEの講師の方らしい。納得。名前は覚えられなかったけど、顔は覚えたからあとから言いに行こう。

 

テストの前にパーソナルデータ(国籍、学歴、家族や収入の有無、こられない日)などを記入する。

おそらくこのテストは語学学校に通う人全員に共通するもので、日中学部の授業を受けているひとや、仕事をしているひとも含まれているのでこういう項目があるのだろう。

 

記入している途中で先生が「このテストは受かったり落ちたりするんじゃなくて、ベストなクラスを選ぶためのものだからリラックスして!」と。そしてとても励まされる。

 

テストは10:00〜11:15、問題は3問。

基本的には語彙と文法を見るためのものらしい。

 

1問目

写真をみてその様子を説明しなさい。(70文字)

今回は家族らしき人たちが食事を楽しんでいる様子だった。

 

2問目

写真をみて、想像できる会話を書きなさい(150文字)

ただし、一言目は与えられている。

おそらく、「じいちゃん;最近仕事はどう?」

だったので、

娘;○○

じいちゃん;○○

のように続けて書いていく形式。

あとで発覚したんだけど、travailler とvoyager を読み間違えた疑惑が発生。知っているフリしていろんな時制を使ってみたけど、合っている気がしない。

 

3問目

選択式問題。【環境問題は大事か】か【伝統はrespectされるべきか】のどちらかについての自分のオピニオンを書く問題。これは字数制限なし。

まず、環境問題と伝統を語れるだけのボキャブラリーがない。

つぎにエッセイを書けるだけのロジカルな頭がない

最後に時間が差し迫ってて余裕がない

この三重苦を乗り越えた末に、なんともふわっとした文章を時間いっぱいで提出してかえりましたとさ。

 

先生も言っていたとおり、良いクラスを選ぶためのテストなのだから気張る必要はないけど、自分の実力をきちんと出すために事前の準備(一度似たような問題をやってみて、セルフもしくは誰かに添削してもらう)はしておいてもいいかもしれない。闇雲に単語集みても、ほしいフレーズは意外と載ってなかった。(それゆえとか、一方でとか、にもかかわらず、とか)

帰っていそいそと自国のフランス語の授業のノートを取り出して復習しましたとさ。